random my note

半分気楽に半分まじめに(*´ω`)

Tell your world !

和歌山の旅 ~那智と太地~

朝早くから出発する予定でアラームをつけていたのだが、串本における激しく照らす美しい朝日が、私の目を覚まさせた。こんな感覚は久々な気がした。なんとなくアラームによって起こされる毎日だったけれど、今日は自然の眩さの洗礼を受けたのだ。 気持テ(・∀…

和歌山の旅 ~白浜と串本~

和歌山県を存分に満喫してみたいと理由から、二泊三日で旅行をしてきました!!!行ったところは主に、 ①白浜、串本 ②那智、太地 ③高野山 この三つの所を目標としながら旅をしたのですが、、、 めちゃくちゃ歩きましたwwホントめっちゃ歩いたw でもでも移動…

和歌山へ行って来ます

今日から数日間、和歌山のいろんなところを旅行します!!! 和歌山へ行ったことが無かったので、なかなか楽しみですね(^з^)-♪ いっぱい写真を撮って、後日ブログにまとめようかと思います。オススメの場所とかあれば教えて貰えると嬉しいですねwただ行きた…

青春時代から失いつつあるもの

ーー中学時代ーー 「俺はさあ、あの子のこと好きなんだよね」 「俺は体育祭楽しみだなあ」 「俺は文化祭楽しみだなあ」 「俺はこの本好きだわ」 「俺数学割と好き」 「俺本読むの好きだけど国語は嫌い」 「僕は、この学校で勉強したかったのでこの学校に来ま…

社会人の話を聞いて

私は大学生である。そして私の兄は社会人二年目であり、その友人たちも社会人なわけである。そんな中お盆ということから兄は帰省していた。そして私もお盆の間は時間が空いていたので実家に戻ることにしたのだ。 久し振りの帰省であったので祖母と色々話した…

AtCoderのビギナーコンテストに初参加してみた

ボコボコにされました…w 案の定スギタw 分かりそうだけど、時間内にうまく実装できませんでした。ちなみに私はC,Java,Pythonくらいしかちょっとましなコードをかけないですね…(´;ω;`) なのにこれからのためだということで、ろくに書いたことのないC++を利…

はてなブログのテーマストアについて

ブログを見やすくしたいとか、多くの人に読んでもらいたいと考える人はたくさんいると思う。そんな中で、はてなブログのデザインテーマは非常にたくさんあり、シンプルなものが多いように感じる。そして特にブログ作成において、最近面倒で、自分でやるには…

新海誠監督作品のおすすめランキング

天気の子が最近上映されたということで話題なのだが、他の作品もぜひとも見てほしい。というか見てくれ。見てない人は損しているぞ。。。どの作品に関しても、時代性、男女間の恋模様、人間の距離感、建築物の美しさ、機械の親和性を感じることができ、私た…

映画「天気の子」の感想

2019/07/19に大学の授業が終わったすぐ後に、急いで映画館へと向かった。 /⌒ヽ ⊂二二二( ^ω^)二⊃ | / ブーン急げ急げ ( ヽノ ノ>ノ 三 レレ 天気 雨のち晴れ 到着。 速く見たい。(そわそわ…) ん? ってあっれえええ???? ま、まずい。。。 やはりな。…

さらざんまい【考察】

※ただの私の意見です。このアニメについてもっと知りたいと思っている人はきっと、私より聡明な考えを持っています。あなたの考えをぜひ尊重してください。 私は虚構に過ぎないから。 まず さらざんまいを見てみなさんはどう思いましたか? 私の場合、「イク…

プチ哲学「佐藤雅彦」

哲学と聞いただけで敬遠してしまったり、「哲学なんて今の自分とは関係ないや...」と思っている人にはぜひこの本を手に取ってもらいたい。 まずは哲学の意義 最後のページに書かれていることは 私たちは生きているのだから様々な現象に出会う。その現象の背…

「銀河鉄道の夜」が好きなあなたへ

宮沢賢治が好きだという人は多いに違いない。特に、人気作である「銀河鉄道の夜」は私が子供ながらに読んだときのなんとなく感動を覚えていて、読み返したときは、その時とは無意識的に違った感動を感じるのがなんとも不思議である。 賢治の病 賢治は『銀河…

「一千一秒物語」稲垣足穂

なんというか面白い。すっと読んですっと心に残る感じ。 天体嗜好症: 一千一秒物語 (河出文庫) 思ったこと 全体としては無限のような時間を過ごす星や月と、ある人間の淡い一瞬。 一つ一つの作品を見ると荒唐無稽のバカなヤツの話のように感じた。 また、メ…

Vtuberのクラウドファンディングの記録

2019/05/13、この日をもって、とある方のクラウドファンディングが終了しました。たぶん、新たな1ページがオタク歴史書の中に刻まれたに違いない。令和の時代に相応しい名を持つレッドフレーム改さん。 やっぱすげえわ… ちなみにこれ↓ インスタをやるために…

「桜桃の味」アッバス・キアロスタミ

あぁ、これが映画なのか。 見た後私は、感嘆のため息をついた。 純粋な光を感じた。 美しい映像や面白いストーリー以外の、我々の普遍的な価値を拾い上げるような作品だった。 「本気で死のうと思っている人」や「死ぬやつなんてあほくさって 思っている人」…

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ