よしなでnote

半分気楽に半分まじめに

手塚治虫から学ぶ鳥獣戯画

f:id:yoshi_nade:20190323173748j:plain


今現在、どろろというアニメが放送されているわけだが、その作者が手塚治虫ということもあり、私は毎週楽しみにしている。漫画の神様と呼んでも、違和感を感じない彼の凄さは一言で語れない。

まずは彼について

手塚治虫は、1928年11月3日、大阪府豊中市に3人兄弟の長男として生まれた。開放的な家庭に育ち、漫画とアニメーションに親しみ、機智に富んだ想像力豊かな少年であった。

また昆虫をこよなく愛し、ファーブルを思わせる少年でもあった。自身のペンネームに「虫」という字を当てたことでも、その興味の程がわかる。

 

戦争体験から生命の尊さを深く知り、医学の道を志して後年医学博士になるが結局彼自身が一番望んだ職業を選んだ。すなわち漫画家、アニメーション作家である。手塚治虫が創作した漫画とアニメーションが、第2次世界大戦後の日本の青少年の精神形成の過程で果たした役割は計り知れない。

彼の偉業

  • 日本のストーリー漫画の開祖
  • 日本初の連続テレビアニメの作成
  • ロボットが戦うバトル漫画の先駆け(鉄腕アトム)
  • 男装少女の先駆け(リボンの騎士)
  • 男の娘の先駆け(七色いんこ)
  • 大人だけど体が幼女の先駆け(ブラックジャック)
  • 幼女だけど体が大人の先駆け(不思議なメルモ)
  • 猫耳の先駆け(リボンの騎士など)
  • ボクっ娘の先駆け(リボンの騎士など)
  • ケモナーの先駆け(W3、シャミー1000)
  • ビーストラブの先駆け(七色いんこ)
  • ロボッ娘の先駆け(ピイ子)
  • ツンデレの先駆け(そよかぜさんなど)
  • 男の子でも女の子でもない第三の萌えの先駆け(人間ども集まれ)
  • 医者漫画の先駆け(ブラックジャック)
  • 全裸の幼女が主人公の先駆け(低俗天使)
  • 近親相姦漫画の先駆け(奇子)
  • 主人公が男の子だと思っていたら後から女の子だと分かったの先駆け(どろろ)
  • 女の子の猫口 ω の開発(ピノコなど)
  • 萌え要素としてアホ毛の開発(低俗天使、アラバスター、メルモ)
  • 女の子の目の下などに使われる可愛いですよ  ///  記号の開発

 

日本のアニメと漫画の文化を先導し、こんなに多くのことを、今でこそ話題となるような思想や技術を漫画として昇華していることがすごいとしか言えない。またとてつもない数の作品を生み出しているという…

 

そんな手塚治虫が鳥獣戯画について語っているのだ。

f:id:yoshi_nade:20190323175726p:plain

彼がテレビ(1992/11/21放送)「私と鳥獣戯画」で語っていた内容についてポイントを述べていく。

 

カルチャーショックを受けた

小学生で見たことがあったが、岩波写真文庫での特集で全部を初めて知った。日本の漫画のもとだという説明があり、そのとき「漫画はどれくらい進歩したのか、ちっとも変わってないじゃないか。何百年か前に全部やられてしまった。」と感じた。

 

現代の漫画との共通点

省略と変形と誇張←これらが漫画の三つの要素で非常に現代的。

まずウサギやカエルやサルが基本的に同じ大きさである(誇張)。そして擬人化させ、動物にできないはずの動きを、いかにも人間らしくやらせていく(変形)。今では吹き出しとして描かれるが、ウサギを投げ飛ばしたカエルの口から煙のようなものやサルのお経を言っている様子からセリフが用いられていることが分かる。さらに毛が一本の線であったり、一本線で兎の目が書かれている(省略)。またうごいている生き物に流れた線がある、これは今でいう流線の手法が使われている。これらは海外でもこのころの時代にもないが、今では当たり前のである。また走り高跳びのようなものをしているという非常に現代性が感じられオリンピックが想起される。

 

 

面白さと魅力
  • 童話的温かさ
  • アイデアと絵の面白さ
  • リアルな描写
  • ごつごつしてなく、勢いがある
  • 同じ形の動物がない、あらゆるパターンがある
  • 表情の豊かで千差万別

供養の時の悲しさが涙がなくてもわかったり、ウサギが負けるときにカエルが動きながら転げまわって喜んでいたり、カエルがウサギを倒すためにウサギの耳をかじっていたり、カエルがおしゃか様の恰好(そして後ろが葉っぱ)というのはどれも個性的で非常に面白い。 

 

時代背景と作者の予想

時代について

仏画、雅楽、能を中心とする貴族のものを大衆が受け入れだした。つまり貴族から大衆に移った時代だろう。

 

作者について

お金がかからないような一枚の絵とペンでかける一番簡単な芸術を、気楽に自分の趣味のままに書き、近所の子供たちにとか、または練習用のお手本としてかいていた可能性が高い。またユーモアがあり、世間話をよく知り、教養のある人だったのだろう。鳥獣戯画は一人で全部を仕上げたのではなく、別の時間に別の人が書き、後からいろいろ加えられたのではないか。筆のタッチが同じカエルでも違うことから、作者は多数いるのではないか。時代とともにだんだん衣服や道具が変わっているのではないか。

 

 

 

最後に

鳥獣戯画は、江戸時代でもお手本にしていて、日本では後のいつの時代でも参考になった作品だろう。だから海外に今でも通用するに違いない。また風刺は後の時代の人間が生み出し、その時代では自然のように描かれたはず。そして漫画は落書きがルーツであるため、気楽さから生み出されるものは多いかもしれない。鳥獣戯画は日本が国際的に残すべき芸術である。

 

 

 

鳥獣戯画の魅力は私には一見分からなかったです。ただ彼の話を聞くと、なるほどなと思うことが多く、漫画との関係の密接さが非常に興味深かったです。今の漫画というものは、我々の深層心理や時代性と結びつくものでもあるので、より多くの人に様々な漫画を読んでほしいです。私が彼を語るに値するわけではないですが、彼の言葉を伝えたかったです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ